占い師募集占い会社が求めている占い師とはどういった人材でしょうか。その会社によってそれぞれ違うと思いますが、特に電話占いで求められている条件をまとめてみました。
占い会社が必要としてるということは、お客様も必要としているということですのでポイントを押さえておきましょう。






①極めた占術を一つは持っている


占い会社では鑑定力が高い占い師を必要としています。何か一つでも極めた占術があれば採用率が高まります。占い師は当たらなくてはいけないので、まず得意な占術を持つことです。一つ得意な占術があればそこから一つずつ占術を増やしていくとさらに精度が上がり、鑑定力はUPします。また霊感があるのであれば、さらに能力を磨いていくといいでしょう。

波動修正、祈願祈祷、思念伝達などの特殊能力があると、一般よりも能力の高い特別鑑定師として採用されるかもしれません。他の占い師にはないものを持っているとそれだけでセールスポイントになります。

②相談者に寄り添う


相談者は悩んでどうしようもなくなって相談している人も中にはいるので、ただ占えばいいというのではなく、その相談者の立場になって親身に鑑定をしなくてはいけません。待機時間外のときでも、できるときは対応したり、時間を合わせたりするなどできる限りお客様の要望に応えていくことが必要です。

また、相談者に対してももちろんですが、運営会社に対しても親身で誠実な対応が求められています。業務委託契約とはいえ会社の一員であるという自覚を持つことが大切です。その会社の看板を背負ってサービスを提供しているということを忘れずに鑑定しなくてはいけません。

運営と良好な関係を築くことで鑑定業務がしやすくなります。イベントやキャンペーンで特定の占い師を売り出すときなどは、積極的に応援してもらえることがあるかもしれません。仕事も人と人との繋がりが大切ですので誠実に対応することをお勧めします。

 

③一定時間以上待機する


占い会社によって違いますが、週◯回以上、週◯時間以上、月◯時間以上といった待機時間にノルマを課している場合があります。待機時間が多いほうが収益も増えるということもそうですが、ノルマがあってもなくてもお客様に認識してもらうためにはある程度の待機時間は必要です。

また時間帯も決まっていると、よりお客様に認識されやすく、あてにしてもらえるためリピーターにもなりやすいです。いずれにしても待機時間が収入に直結する要素ですので、無理のない程度にスケジュールを組むと良いでしょう。

 

④お客様の苦情や要望、評価などを受けて改善する


占い師として苦情や低評価などはつきもので、100%高評価を得られることは難しいです。ただクレームなどがあった場合に、どれだけその意見を自分に取り入れて改善できるかが大事です。

鑑定の悪いところを見直すきっかけにもなりますし、占い師としても成長できます。常に素直な気持ちで前向きに改善することで占い師としてスキルアップし、お客様からも運営からも信頼され、いずれは人気占い師になっているはずです。

占い師募集情報